乾燥トリュフ白 - NoH2O

Tartufo Bianco Disidratato

アルバ白トリュフ・アワードの機会に当社が開発した最新技術によって遂に作られた”乾燥白トリュフ”が紹介されました。

この乾燥白トリュフは、イタリアを代表するシェフ二人に試されました。
Enrico Crippawww.piazzaduomoalba.it
Massimo Botturawww.osteriafrancescana.it

 

この乾燥トリュフは室温で24か月、生のアルバの白トリュフの味の特徴を変えずに驚異的な持続性で保つ。
この最新の技術は科学操作は関与せず、主に早く劣化を促す原因となる水分を、唯一真空状態で乾燥させトリュフの水分を取り去る基本操作の物理的工程があるだけです。

Tartufo disidratato noh2o
一方香りの一部で最も揮発性が高く失われやすいアロマの一部は、アルバの白トリュフの味を変わらず維持する高温でもカプセル化して発散するアロマを保つことが出来る。
生トリュフの混ぜ合わすことのできない香りと特別な味は温かい料理を食べるときに解き放たれ、口内に非常に繊細なトリュフのかなわない特徴的な芳香あるブーケをもたらす。
NOH2O-white

 

乾燥白トリュフは香料保存料を含んでいません。100%アルバの白トリュフの取り扱いである。
我々の取り扱いではトリュフは80%の水分を失う:生の白トリュフ5グラムが、乾燥すると1グラムになる。

この技術は、アルバの白トリュフを世界中で有名になった特徴を旬の時以外でも一年中味わえるようになった。