トリュフは何ですか?

tartufo nero

トリュフは、地下にできる球塊の形をした茸で樹木の根に共生しています。

例えば、樫、シナノキ、ヘーゼルナッツ、つのぎとポプラ等の樹木です。”perido”と呼ばれる皮層の種類で覆われた”gleba”(土くれ)言われる肉付きの良い塊を持つ。多くの水分、繊維質、共生する樹木に由来するミネラル分、有機物質で形成されているtartufo bianco形は成長する土地の特徴で変わり、柔らかい土の場合は球形になり、固い土、石を多く含む、根の多い場合は、節くれだった形になる。
トリュフには多くの種類が存在します。

 

最もよく知られ食材として珍重されているものは;
貴重な白トリュフ:

Tartufo bianco
Tuber magnatum Pico
アルバの白トリュフとして知られている。
貴重な黒トリュフ

Tartufo pregiato
Tuber melanosporum Vitt.
冬黒トリュフとして知られている。
夏の黒トリュフ

Tartufo estivo
Tuber aestivum Vitt.
トリュフ スコルツオーネとして知られる。
ビアンケット トリュフ

Tartufo bianchetto
Tuber Borchii

 

トリュフは自分を大切にする環境の見張り番である。環境汚染や自然破壊に対し耐えることはできない。

Piante-T-bianco

白トリュフの見取り図

Piante-T-nero

黒トリュフの見取り図