我々は

創業者であるドメニカ・ベルトルッソとベッペ・モンタナーロは1968年からピエモンテ産の生のトリュフを販売することでこの世界へ参入しました。Ristorante da Beppe

Senza-titolo-2

その頃アルバの中心にあった彼等のレストラン
“ダ・ベッペ” は茸とトリュフを基本とした
食事を愛する人達の評判からミシェランガイドにも評価されるようになっていました。
タルトウッフランゲ社は1980年に、ベッペの1958-66年の客船でのSARCIERシェフ、料理学校での教官,確固たるピエモンテ料理レストランでのシェフ、そして有名なレストランのオーナーに至る偉大で価値ある道のりでの成熟した料理に関する経験とインスピレーションから誕生しました。
”タルトウッフランゲ“の名前はこの茸の品質を称賛する地区”ランゲ”の地名とトリュフの言葉を一つにしたもので、ドメニカのレストランの厨房での直観によって名付けられました。
最初のトリュフのスペシャリティーは、季節を問わずトリュフの美味しさを料理に求める情熱から誕生しました。
これが1990年に当社の職人工房から世界で初めてトリュフの最上級と形容される言葉 ”タルトウフィッシマ”という名のトリュフ入りパスタを開発しました。(1992年のニューヨーク・ファンシーフード・サマーショーで、その年の一番の新商品と称賛されました。)
トリュフ入りのパスタ(タリアテッレ)の後、トリュフリゾット、ポレンタ、そしてフォンデュータが続きました。

ベッペによる伝統的ピエモンテ料理を認証する料理法によって作られたこれらの品々は、高級食材の特別な市場で最初から定着する確信を得ることが出来ました。

2005年にタルトウフィ・ドルチェダアルバの生産の為の菓子工房が落成~2011年に拡大し完全に完成~ チョコレートとIGPのヘーゼルナッツを使ったこのプラリーネは、高級菓子市場でも称賛され当社の存在を実証しました。
毎年、当社ではタルトウッフランゲまたは別のブランドで四千万個が生産されています。
近年、ステファニアとパオロの兄妹が、ドメニカとベッペによって築かれた遺産である当社に、家族の貴重な伝統、新しいアイデアと情熱を持って、経営参加しています。

また当社は長年にわたり”ECCELLENZA ARTIGIANA”(特別伝統工芸)の称号を、三十年にわたる高級食材市場における業績が評価されピエモンテ州より授与されています。